絵本で簡単!英語脳の育成

以前別の情報で 英語耳 についてご紹介しました

英語上達の第一歩としての英語耳ですが、今回 英語脳 の情報に関してのお話になります

英語耳と英語脳は共通していると思うので、是非チャレンジしてみて今後の国際化社会に備えて子供に投資しておくと良いかもしれません

英語脳とは、英語を自然に理解し、使うことができる脳の状態を指します

これは母語と同じように英語を処理する能力を持つ脳のことです

小学生のうちに英語脳を育てることができれば、英語を学ぶことが楽しく、効率的になります

我が家も幼少期から英語には親しんできました

私自身も海外での仕事経験もあり、英語の重要性は痛感しております

そのため、早期英語教育は損はないと感じています

1. 言語習得のゴールデンエイジ

小学生は言語習得のゴールデンエイジ(臨界期)にあります

この時期に新しい言語を学ぶことで、発音や文法の習得が大人よりも容易になります

幼少期に英語を学ぶことで、自然な発音やリズムを身につけやすくなります

リズム英語学習 に関しは以前もご紹介しています

幼少期は特に、感覚として英語を学習することはとても重要になってきます

英語学習の入口として考えるととても効果的ですね

2. 学習の柔軟性

小学生は柔軟な思考を持っており、新しい概念やスキルを吸収する能力が高いです

英語脳を育てることで、英語を使った思考やコミュニケーションがスムーズに行えるようになります

これにより、将来の学習や国際交流において大きなアドバンテージを得ることができます

コミュニケーションで考えるなら AEON も学習先としてはおすすめです

学習環境が強制的にコミュニケーションを取る環境なので、人見知り直子さんにもピッタリ

3. 将来的なキャリアの幅が広がる

英語は国際共通語であり、英語を使いこなせることは将来的なキャリアにおいて非常に有利です

小学生のうちから英語脳を育てることで、将来の仕事の選択肢が広がり、国際的な舞台で活躍する機会も増えます

国際的社会は、我が子がおとなになる頃には今以上に身近な環境だと思います

早めの走り出しが重要です

1. 日常的な英語の使用

家庭で英語を使う機会を増やすことが重要です

例えば、簡単な会話を英語で行ったり、英語の絵本を読み聞かせたりすることで、自然に英語に触れる機会を作ります

家庭環境で利用する教材として、絵本での英語脳育成を考えてみるのいかがでしょうか

絵本という親しみやすい教材なので、抵抗なく始められると思いますよ

2. 英語の環境を整える

英語のテレビ番組や映画、音楽などを活用して、楽しく英語を学べる環境を整えましょう

ゲームやアプリを使って英語を学ぶことも効果的です

こちらの教材は、「ヨモニャの発音ゲーム機能」というものが備えられているので、発音に関する取り組みはバッチリです

その他にも「お楽しみ動画が120本以上!」「ゲーミフィケーション機能」と、アプリに工夫がされているので、学習習慣が身につくようにしっかと工夫されています

楽しく、実用的な英語を継続的に学習できます

3. 英語教室やオンラインレッスンの活用

専門の英語教室やオンラインレッスンに参加することで、プロの指導を受けることができます

特に発音やリスニングのスキルを向上させるためには、ネイティブスピーカーとのコミュニケーションが非常に有効です

アプリでの学習教材に合わせて、英会話教室でしっかりと生きた英語を学習することで飛躍的に英語力はアップします

英会話教室に関しては、過去にいくつかの教室体験を掲載していますので参考にしてもらえればと思います

「サイト内検索」で、「ヤマハ英語教室」 、 「英会話スクールAEON」 、もしくは 「英語」 というキーワードで検索ください

小学生が英語脳を育むためには、保護者のサポートが欠かせません

保護者自身も英語に興味を持ち、子供と一緒に学ぶ姿勢を持つことが大切です

また、子供が英語に触れる機会を提供し、励まし続けることで、子供の英語学習に対するモチベーションを維持することができます

小学生のうちから英語脳を育てることは、将来的な学習やキャリアにおいて多くのメリットをもたらします

言語習得のゴールデンエイジを活用し、日常的に英語を使う環境を整えることが重要です

保護者のサポートを受けながら、楽しく英語を学ぶことで、子供たちが英語を自然に使いこなせるようになります

英語脳を育むことで、子供たちは将来の国際社会で大いに活躍できるでしょう

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ にほんブログ村 受験ブログへ