ヤマハ英語教室 -小学生コース-

小学生コースでは、BasicとProgressの2つのコースに分かれています。

少し詳しく見てみましょう。

小学生コース

1年・2年・3年生「ジュニアえいご(Basic)」

授業スタイル:親子分離

親子分離のレッスンとなります。

授業内容:英会話

これまでの音とリズムによる英語の学習からがらりと変わり、レッスン内容は英会話に移行していきます。

耳で聞いて音として出すプログラムから、英会話が中心となるプログラムに移行し、英語で自己表現をするプログラムに変わります。

日本人が苦手とする英語を言葉としてアウトプットし、コミュニケーションを取るといった内容を行うようです。

早いうちから、コミュニケーション手法としての英会話に慣れておくのはとても重要だと感じます。

4年・5年・6年生「ジュニアえいご(Progress)」

授業スタイル:親子分離

親子分離のレッスンとなります。

授業内容:「聞く・話す・読む・書く」の4技能

このジュニアえいご(Progress)のクラスまで来ると、今までヤマハ英語教室で学んできたことの集大成となります。

英語の4技能と言われる「聞く・話す・読む・書く」という技能を使って、複合的に英語のレッスンを行う内容となります。

私事ですが、海外で仕事することに憧れて、大学生の頃に4年間英会話スクールに通い英会話を学習しました。

大学卒業後、2年間ほど海外で仕事をしたのですが、お世辞にも綺麗な英語とまではいきませんでした。

当時は、英語はコミュニケーション手段のひとつだと割り切って、なんとか仕事を日々こなしていたことを思い出します。

はやくから英語に触れておくことで、綺麗な英語が話せるようになっていたのかもしれないと思うと。

今の子供たちは、恵まれている環境の中にいるのだなと感じます。

おそらく、幼少期から英語に触れておくことで、英語耳が出来上がると考えられます。

子供の吸収力を考えると、幼少期の英語は、英語の発音や、日常で利用する英語に接することで、英語に対するハードルを下げて学ぶことができます。

結果的に、よりコミュニケーションツールとして活かすことができる強力な武器になると感じました。

次に、ヤマハ英語教室での授業の様子を少し見てみましょう。

>>ヤマハ英語教室 -レッスンの様子-

関連記事
>>ヤマハ英語教室 -未就園児コース-
>>ヤマハ英語教室 -おすすめ理由-
>>ヤマハ英語教室 -まとめ-