ラン活(ランドセル活動) -開始時期はいつから?-

2020-11-08

ラン活はいつから開始すると良いのか?

入学直前ですか?

いやいや違いますよ!

もう、入学の1年以上前から始まっています!

ラン活の開始時期はいつから始めるのか

検討開始時期は購入時期からの逆算

多くの工房系やメーカーのランドセルの発売時期は、おおよそ決まっています。

その販売時期から逆算して、ランドセルの購入検討を始めましょう。

例えば、2022年4月に小学校に入学するケースで、購入を考えた場合逆算すると2021年1月から検討を始める必要があります。

ちょっと早い気もしますが、年々購入時期が早まっているのでこの時期から始めておくと安心です。

それでは、購入までのステップを追いかけてみましょう。

購入までのステップ

ステップ1:工房系かメーカー系かの大まかな種別決定
まず2021年1月に入ったら、『工房系』のランドセルを検討するのか『メーカー系』のランドセルを検討するのかを決めます。

メーカー系であれば、年中大型百貨店で目にすることが可能です。

工房系であれば、工房系のWebサイト等で昨年度のランドセルを確認して、色や素材の目星をつけておきましょう。

目星をつけた工房系の会社には、無料カタログの請求を行います。

無料カタログは、素材のサンプルが付いてきます。

素材サンプルの付属は、在庫がなくなり次第終わってしまうので、無料カタログの請求は早めに行いましょう。

素材サンプルがなくなると、カタログのみとなります。

無料素材サンプルでは、実際の手触りや素材の質感を確認できるのでとても参考になります。

ステップ2:売り切れ時期のリサーチ
2021年3月頃から、ステップ1で目星をつけた工房系のランドセルの売り切れ時期をリサーチします。

この売り切れ時期のリサーチは、とても重要なリサーチ項目です。

工房系では、各工房による『ウリ』があり工房のこだわりがランドセルに取り込まれています。

そのため、そのこだわりによってランドセルの人気が変わってきて、その人気によって売り切れ時期に違いがあります。

いざ欲しいランドセルを購入しようとしたときに、欲しかったランドセルが手に入らないといったことにならない様にするためにも、事前リサーチをしっかりとしておきましょう。

この頃になると、請求していた無料カタログが届くようになります。

カタログ情報を眺めながら、サンプルの質感を確認しましょう。

主役は子供なので、カタログ情報で色やデザインを納得いくまで話し合うと良いと思います。

ステップ3:工房見学へ
2021年4月頃から、身近に工房があれば実際に出向いて実物のランドセルを観察しましょう。

実物を見てみると意外と色が思っていたイメージと違うとか、背負ってみると体に接する部分が擦れて痛みがあるとか、思っていた以上に思いといったことが確認できます。

実物を背負ってみないとわからない部分のチェックができます。実際に背負ってみるってとても重要で、イメージと違ったりすることもあるので可能であれば実物で確かめてみることをお勧めします。

いざ購入!

工房によって多少の違いはありますが、2021年の夏頃に各工房からランドセルの販売が開始されます。

工房によっては7月には『完売!!』とういうこともあります。

そのため、発売されてから検討しているようでは、間に合わないのです。

購入は、各工房系のWebサイトより申し込むスタイルが主流です。

そのため、販売当日は購入者のアクセスが集中してサイトがビジー状態となり、購入サイトに辿り着けないこともあります。

ここは、我が子のためへの頑張りどころです。

無事購入ができればあとは、ランドセルが届くのを待つだけです。

2021年11月頃には、ピカピカのランドセルが届きます。

次は、購入検討に時に抑えておきたいポイントを考えます。

>>ラン活(ランドセル活動) -おさえておきたいポイントとまとめ-

関連記事
>>ラン活(ランドセル活動) -ラン活とは-
>>ラン活(ランドセル活動) -ランドセル選び-
>>ラン活(ランドセル活動) -2021年(令和3年)のラン活-
>>ラン活(ランドセル活動) -人気ランドセル工房系-