真夏の子供への熱中症対策・熱中症予防

毎年、暑さが増す日本の夏。ニュースでは 猛暑 酷暑 激暑 炎暑 なんて言葉を目にします。

猛暑は、猛烈な暑さ。最高気温が35℃以上の日を猛暑日。
酷暑は、ひどく暑いこと。
激書は、激しく暑いこと。
炎暑は、真夏の激しい暑さのこと。

天気予報の用語として、激しさを増す暑さ表現ですが、身長が低い子供には地面からの照り返しも気になります。そして暑さによる熱中症が心配になります。

子供の熱中症の重症化の恐ろしさ

熱中症は、高温多湿な環境で、体温調整が働かず熱が体に蓄積すると発症します。熱中症の症状は、めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、だるさ。重症化すると意識が朦朧とします。

子供は、身体が小さいため体内水分量が大人に比べて、格段に少ないです。それに加えて基礎体温は高いので、普段から大人に比べて高温状態にあります。その状態で、夏の強烈な暑さにさらされると直ぐに熱中症を発症します。さらに熱中症が進み、体温が40℃を超えると意識障害・けいれん・発汗しないといった症状となります。生命の危険を脅かす熱射病になってしまいます。 この場合、子供の身体を冷やしつつすぐに救急車を呼ぶ必要があります。かなり危険です。

なぜ子供は熱中症になりやすいのか

なぜ、子供は熱中症になりやすいのかというと、子供は大人に比べて体温調整が未発達なことがあげられます。また、先にも書きましたが身体が小さいため、保有できる水分量が少ないということもあります。

そして、真夏の日中帯のアスファルトの温度はなんと50℃を超えます。子供はその高温のアスファルトに、とても近い位置にいます。子供が感じる暑さは、大人が感じる暑さの倍以上の暑さでしょう。子供ならではの、小柄な体系も熱中症になりやすい要因だと考えらえます。

子供の熱中症予防方法

ひとつめの予防
何はともあれ水分補給です。子供は新陳代謝が高いため、汗を多くかきます。そのため、脱水を起こしやすい状態になりますので、小まめな水分補給は必須です。

ふたつめの予防
熱や日差しからの予防。子供は自律神経の働きがまだ成熟していません。そのため、体温の放熱や発汗といった体温調整がうまくできません。熱がこもりやすい体質なので、熱のこもらない衣服や通気性の良い衣服。また、帽子などを身に着けて、熱やひざしから守りましょう。

みっつめの予防
地面からの反射熱への注意。先も記載しましたが、子供は背が低いので、照り返しの強い地面にとても近いです。ベビーカーも同じですが、大人よりも地面から距離が近いのです。そのため、地表からの熱を直に受けます。子供がいる高さでの気温や湿度への注意が必要です。

よっつめの予防
熱い環境への放置は厳禁です!寝ているからとか少しの時間だから、なんていう理由での放置はとても危険です。特に、車内での放置は絶対に危険です!

いつつめの予防
室内遊びでの注意も必要。室内だから大丈夫!ではありません。室外同様の注意を心がけてください。こまめな水分補給、汗のかきかたなど注意が必要です。

注意をすることにキリはありませんが、水分補給、暑さへの気配り、子供の小さな様子の変化への注意を怠らないようにしましょう。

子供の熱中症対策のグッズ

熱中症予防対策のグッズとしては、多くのアイテムがあります。その中で、我が家で使ってみてこれいいなぁ!ってものを少し紹介します。

サマースカーフ(クールスカーフ)
首に巻くタイプの熱中症対策アイテムです。濡らしたスカーフを首巻くタイプものです。とても良いのですが、わりと水分の蒸発が早いのと持ち運びがちょっと面倒。

アイスタオル
3COINSとかで売っています。濡らすとひんやりするタオルで、ケース付きなので持ち運びもできます。300円という価格帯にも惹かれますが、持ち運びができていつでも冷たいタオルが使えるという便利さでは、サマースカーフよりはおすすめです。

ハンディ扇風機ミスト
ミスト用の水の補給は必要ですが、風とミストのダブル冷却は最強です。子供に持たせると、ミストを出しまくってびしょ濡れになりますが・・・。夏のイベントやパークでの乗り物待ち等では、かなりの効果を発揮します。これもおすすめです。

ひんやりアイテムを少し紹介しましたが、この夏を乗り切るためにも早めに準備しておいて損はありません。売り切れる前に準備しちゃいましょう!

Sponsored Links