夏休み期間の小学生の宿題と勉強について

2019-06-26

小学校では、7月20日前後から夏休みに入ります。夏休みの過ごし方の準備大丈夫ですか?
夏休みの準備は、夏休みに入る前に行っておく必要があります。有意義な夏休みを過ごすためにも、しっかりとした準備をしておきたいですね。

夏休みの過ごし方を考えてみましょう。

小学生の夏休み期間の勉強は計画が大切

長い夏休みの時間をどうやって上手に過ごすのかによって、子供の学力に大きな差ができます。夏休み明けに、一回りも二回りも大きく成長しているためにも、しっかりとした夏休みを過ごして頭一つ抜け出しておきましょう!

小学生の夏休み期間の勉強方法

夏休みの勉強計画を立てる

夏休みの勉強計画を立てましょう!夏休みに入る前に立てておく必要があります。

7月に入ったら、親御さんのフォローの元計画を立ててあげてください。

まずは、勉強内容の整理です。
小学校から出る宿題、日ごろの習い事の宿題ですね。そのほかに、夏休みに追加したい学習内容があれば、その学習内容もしっかりと計画に入れましょう。
何をいつまでに、どういったペースでやっていくのかをしっかりと計画して、充実した学びの時間を過ごしてください。

夏休み期間の毎日のリズムの安定

夏休みに乱れがちな生活リズムですが、こちらもしっかり意識しましょう。
例えば、朝8時から10時までは勉強の時間と決めてしまう。といった形で、夏休み期間の習慣やサイクルをしっかりとリズム化することで、規則正しい生活と勉強時間を確保できます。

また、しっかりとした睡眠も重要です。知識の定着には睡眠が欠かせないですからね。

夏休み期間に苦手の克服

先にも書きましたが、小学校の宿題と習い事の宿題のほかに追加したい学習内容。これが、この苦手の克服です。

算数が苦手なのであれば、計算練習。
国語が苦手なのであれば、かきかた練習。

特にお勧めなのは、やはり読書です。国語力をしっかりと鍛え、身に着けるチャンスです。多くの本を読んで、国語力をアップさせることで学力の基礎の底上げができます。

また、また小学1年生の夏休みであれば、夏休み明けからそろそろしっかりとした授業が始まります。そうなると、ノートを取るという授業が始まります。この夏休みを使ってノートの取り方をレクチャーしてみるのもいいかもしれないですね。

夏休みの勉強時間の目安

さて、計画を立ててやらなくてはいけない宿題が整理できたら、1日の勉強時間の目安にハマる勉強量なのかを確認しておきましょう。

ベネッセの調査では、子供の勉強時間の目安は以下のとおりです。

【中学受験する子供】
小学1年生:約30分
小学2年生:約40分
小学3年生:約45分
小学4年生:約50分
小学5年生:約60分
小学6年生:約100分

【中学受験しない子供】
小学1年生:約20分
小学2年生:約20分
小学3年生:約20分
小学4年生:約20分
小学5年生:約20分
小学6年生:約20分

この時間から見て取れるのは、夏休み期間の家庭学習では、しない家庭とする家庭がハッキリと別れていることです。皆さんのご家庭はどちらですか?

小学生の夏休み期間の勉強以外の過ごし方

夏休みは、勉強以外にもいろいろと始めるチャンスです!

まだ、お家で「お手伝い」をやっていないご家庭は、お手伝いをスタートするのもいいと思います。結果ではなく、お手伝いをすることで、お願いされる責任感とやり遂げた時の達成感を感じ自尊心を育てます。

因みに、子供にお願いしたいお手伝いTop3は以下になります。
①洗濯物たたみ
②食事の配膳
③掃除片付け

また、勉強以外に何か目標を作るのもとても大切です。

普段できないこと、もう少し頑張ればできそうなこと。何かを調べる。とにかく夏休みの間にやり遂げられるような、目標だととても良いです。これも、子供へ大きな達成感と充実感を感じさせられます。

関連記事
小学生の夏休み時間割(予定表)の作り方
小学生低学年の勉強方法(家庭学習方法)について

Sponsored Links