幼児教室・知能教育のめばえ教室の体験レビュー

2019-07-15

数ある幼児教室・知能教育を行っている塾がある中で、今回はめばえ教室の体験をしてきました。

めばえ教室とはどんなところなのかまた、体験レビューを少しではありますが共有したいと思います。個人的にはとても面白いカリキュラムのように感じました。かなりお勧めです。

幼児教室・知育教育のめばえ教室とはどういった教室なのか

めばえ教室とは

めばえ教室の目指す先は・・・

文部科学省が目指している、自ら学び・自ら考える力を育む教育を教育方針としています。また、子供の脳が持っている基礎能力を高め、表現力を養います。

子供の持っている好奇心を刺激して、子供が持っている脳の無限の可能性を引き出していきます。

脳の成長は、7歳までが大きな成長をすると言われています。その成長の大切な時期を、めばえ教室では年齢に最適な教材をつかって 楽しい という気持ちを引き出しながら知能を高めていきます。年齢に合わせた 土台 と作っていきます。

めばえ教室の知育教育とは

めばえ教室は、子供が 頭を使うことの楽しさ を知ってもらう教室です。

子供たちの持っている 興味 や 意欲 を的確に捉え、子供自身の 伸びよう とする力を引き出す手助けをします。そうすることで、学力の基礎を培い、主体性・社会性・自発性といった、大きな土台を築いていきます。

教室では、子供が主役の教室となっています。教室の中では、以下の2つの軸を大切に考えています。

・頭を使って考える体験をたくさんすること
・講師があたたかくかかわり、認め褒めてあげること

子供たちは、成功体験積み重ねることで、考えることの楽しさを見出していきます。この成功体験の積み重ねこそが、脳細胞の発育につながります。

また、コースは少人数でのコース分けがされており、一人一人の個性をありのままに受け止めて、子供自身が達成・満足感を味わえる見守りサポートを行います。

できた・できないの結果ではなく、子供が考える姿勢や過程を大切にし、子供の 楽しい や もっとやりたい という意欲が湧くような工夫を行っています。

ここまで、見てみると モンテッソーリ教育 に近い考え方のように感じました。

めばえ教室の入会に伴う費用

実際今回体験したコースの金額感を見てみます。

入会金:6,000円 ※兄弟割引あり2人目は2,700円
月謝:6,500円
教材費:10,000円

この教材費は、1クール分の教材費です。1クールは3か月の計算のため、4クールで40,000円必要となることになります。
教材が多少高く感じるかもしれませんが、この教材がめばえ教室の要です。

家庭学習にてこの教材を使って学び、めばえ教室でさらに深く追求し成功体験を積み重ねる教育を行います。

入会体験レビュー

知育玩具で小手調べ

能力チェックの前に、まずは小手調べとしてめばえ教室で行っている授業カリキュラムの一端を体験します。

【体験内容】
長方形の枠が書かれている絵と三角形のパーツが2つ渡されます。
向きを変えたり・裏返したりを繰り返しながら、長方形の枠にその三角形のパーツを納めます。2つ程度なら難なくクリアです。
次は、枠は変わらないですが、三角形のパーツが小さくなり数が増えます。3つです。

子供が苦戦すると、先生がヒントを出します。あくまでも、答えを出すのは子供が主体です。子供自身が できた ということを体感する必要があります。
先生は「ひっくり返してみようか」や「先にこっちにおいたらどうかな」といった言葉をかけます。

完成すると、次は4枚、5枚と数が増え難易度が上がっていきます。

家庭学習でやっていれば、早々に「もうできない!」「疲れたー」といった声が気小手てきそうですが、第三者から褒められると集中してやるのだなぁとちょっとした感心と新しい発見がありました。

知能診断テストにトライ

続いて、知能診断テストです。
この知能診断テストによって、子供の得意不得意がグラフ化されて、子供の能力を可視化してもらえます。
とても興味深い診断テストです。

知能診断テストは、先生と対面で1対1の質問形式で行われます。その回答や選択した答えによって、知識診断結果へ子供の能力値として表現されます。

【知能診断テスト内容】
黒と白の意思を複数枚子供の前に置きます。
質問)先生の手に黒を3枚、自分の手に5枚のせてみて

黒と白の石をマス目に配置されているイラストをしばらく見せます。そのイラストを画した状態で。
質問)さっき見たものと同じように置いてみて

机、椅子、茶わん、箸といったイラストを見せて
質問)これとなかよしなものはなに?

その他にも
質問)トラは強い、では羊は?
質問)夏は暑い、では冬は?

問題数かかなり多くの問題数でしたが、内容としては言葉の理解や記憶力といったものを確認する内容のように感じました。

知能診断テストの結果

さて、子供の能力の可視化結果ですが。。。
それほど期待はしていませんでした、数十問の質問でその子を測ることができるのか?

驚きました。その子供の得意不得意・性格的クセ・こだわり・集中力などなど。複数の結果情報が可視化されていたのですが、思い当たる節がありすぎて驚きました。

個人差はあるかもしれませんが、我が愚息に関してはしっかりと可視化されていました。
しっかりと測れるものなのですね。

めばえ教室では、同様のテストを定期的に行い、子供自身の能力を測りながら次のカリキュラムをこなしていくようです。

めばえ教室体験まとめ

成功体験を積み重ねるという教育方針は、とても共感できました。幼少期の子供は、まだまだ褒められて伸びる時期。誰よりも 1番 という言葉が好きで、何よりも すごいね という言葉を欲しがります。
また、教育教材が知育に特化した品々であることも、とても興味深いです。勉強というよりは、脳の発育を促すスタイルに特別強化したような内容に感じました。

幼児教育・知育教育といった分野ではとてもお勧めできる教室だと感じました。

関連記事
教育分野におけるモンテッソーリ教育とは

Sponsored Links