ブロックを使った学習のおすすめ

2020-08-12

手からの刺激が多いほど、脳が活性化されることはご存じだと思います。
学習に 「ブロック」 と取り入れることで、必然的に手を使うことになることから
ブロックを取り入れた学習は、とても効果的だと言われています。

その証拠に、多くの学習カリキュラムや教育機関で 「ブロック」 を取り入れた授業を見ることができます。

特に幼児期や幼少期は、手からの刺激はとても重要視される刺激とされています。

有名な幼児教育機関(会社)がブロックを使った学習を取り入れる理由

多くの幼児教育機関がブロックを使った学習を取り入れる理由は、多くの力の向上が期待できるからです。

記憶力
思考力
集中力
独創性
想像力
探求心

どれもこれも、能力としては必要不可欠な力ですね。

これらの力を向上させられることが、実証されているからこそ 「ブロック」 を使った学習が取り入れられています。

手を使って 「脳を活性化」 させ、必要となる 「能力を向上」 させる。
効率的にこの両者を期待できるのが、「ブロック」 を利用した学習ということになります。

ブロックを使った学習の魅力

ブロックというと、どういったものを思い浮かべなますか?
レゴブロックとかを思い浮かべるのが一般的かもしれませんね。
因みに・・・東大生の多くが、幼少期に レゴブロック で遊んでいた事実をご存じでしょうか。

ブロックは 「かたち」 「色」 「大きさ」 「立体的」 「触覚」 と多くの感覚を使います。
目で 「かたち」 「色」 を理解し、頭の中で 「大きさ」 「立体的」 イメージを展開。
さらに手で触れることで 「触覚」 を刺激します。

組み合わせ次第で、広がる創造と発想。
平面的な組み合わせから、立体的な組み合わせへの応用。

学習の手段として 「ブロック」 が加わるだけで、多くの刺激が得られることは明らかですね。

ブロックを使った学習に効果のある裏付け

これまで、多くの学習教材や幼児教育へ子供を通わせていますが、その多くが 「ブロック」 もしくは、それに近いような道具を利用して学習を進めていました。

色とりどりのブロックに、子供は心踊るのでしょう。
そのささいなキッカケで、子供のやる気はグーンとアップします。

お気に入りの 「色」 見たことのある 「かたち」 それらを組み合わせて学習します。
四角と三角を組み合わせて 「家」 を作ります。そこから 物語 が始まります。

子供の発想力の豊かさを感じる一面ですね。

その物語の中で 「なぜ?」 「これはどういったことなの?」 といった疑問を大人が投げかけるだけで、子供は 思考 します。

この 「自ら思考する」 という行為が、学力に大きくつながる要素だと考えています。

ブロックを使ったおススメ学習方法のご紹介です。
マルボティック