幼児教育の教材 – 進研ゼミ・こどもちゃれんじ –

2018-12-16

幼児教育のためのこどもちゃれんじ

幼児教育を始めようと考えた時、何から始めますか?

私は、まず知育としての玩具(おもちゃ)を与えようと考えたのですが、実際0歳、1歳、2歳程度の年齢の子供にどういった知育玩具を与えたらよいのか悩みました。

皆さんはどうです?幼児教育としてどういったものを子供に提供していますか? 悩みに悩んで、たどり着いたのが ベネッセこどもちゃれんじ でした。

幼児教育こどもちゃれんじの年齢別コース

ベネッセこどもちゃれんじでは、年齢に合わせた複数のコースが設定されています。

1歳・2歳:こどもちゃれんじぷち
2歳・3歳:こどもちゃれんじぽけっと
3歳・4歳:こどもちゃれんじほっぷ
4歳・5歳:こどもちゃれんじすてっぷ
5歳・6歳:こどもちゃれんじじゃんぷ

我が家は、0歳の後半に こどもちゃれんじぷち を始めました。

入会のきっかけは、しまじろうのパペットです。こどもちゃれんじに入会すると、こどもちゃれんじのメインキャラクターのしまじろうのパペットがもらえます。子供を連れて、ベビーカーで散歩していると、そのしまじろうのパペットを持っている子供を多く見かけました。その際に、子供がそのしまじろうのパペットを欲しがったので、良い機会かなと思い入会することを決めました。

入会当時は、0歳児に対してどのような玩具や情報をどのタイミングで提供したらよいのか?また、1歳以降も同様に悩みの種でした。ところが、こどもちゃれんじでは、年齢に合わせた玩具や情報が送られてくる仕組みだったので、とても安心感を得ました。

幼児教育こどもちゃれんじの入会方法

入会方法はどういった方法なのかですが、入会タイミングによって特典の違いがあるので注意が必要です。入会するなら、お得なタイミングで入会したいですよね。

ベネッセこどもちゃれんじでは、多くの入会特典キャンペーンやイベントを行っています。

我が家が入会したタイミングは、その中でも一番特典が多くもらえるであろうお得な入会タイミングで 既存入会者の紹介 を使った入会方法にしました。
多くの特典がもらえたのでお得感はとてもありました!

既存入会者の紹介得点は、紹介者もプレゼントをもらえるので入会者も紹介者も嬉しい入会システムです。入会する際は、是非周りのママ友に入会している方がいないか、確認をしてみると良いと思います。 もちろん、季節毎での入会時特典もありますので、欲しい特典が見つかってからの入会でも良いと思いました。

幼児教育こどもちゃれんじの退会方法

こどもちゃれんの契約に 休会制度 があれば良かったのですが、どうやら休会制度は設けていないようです。そのためさっくりと退会する方法しかありませんでした。

退会自体は、電話のみでしか受け付けておらず、退会時は退会理由を聞かれます。
そのため、それっぽい理由を考えておく必要はありそうです。

(例)ちょっと時間が取れなくなってしまって。。。

とかですかね。

幼児教育こどもちゃれんじのメリット

こどもちゃれんじのメリットを見てみると、価格がとても大きいと感じました。

月額1,700円程度の価格帯は、外部の習い事と比較すると格安ですね。また、玩具や情報に関しても親がモヤモヤすることなく、その年齢にあった教材が提供されるので良いですね。

実際体験してみると、教材では季節によって内容が移り変わっていくので、実生活での季節感ともうまくリンクしているためとても楽しめます。

教材自体のボリュームは、年齢に合わせたボリュームなのでその年齢の集中力に合わせてコツコツと飽きない程度に楽しめる感じです。幼少の頃から 達成感 を繰り返し感じながら、遊びと学びの境目なく遊びの延長で自然と学びを行うという、生活の中でのクセが付けられてとても良いと感じました。

こどもちゃれんじは、無料体験が受けられるので是非無料体験を申し込んで子供の様子を見てみると良いと思います。子供がどういた形で興味を示すのかを、あらかじめ確認することが出来ます。

届けられる玩具は、全て誤飲を考慮された作りになっています。 玩具のひとつひとつのサイズは、口に入らないサイズであったり、万が一誤飲してしまっても喉につかえて呼吸が止まらないよう、通気口が付いています。多くの企業経験から、子供目線でのトラブルを熟知している対策が取られているのだと感じました。

幼児教育こどもちゃれんじのデメリット

こどもちゃれんじのデメリットは、どの習い事にも共通すると思いますが年齢に合わないケースも稀にあります。ただし、休会制度はないものの数ヶ月実施してみて、合わなければ辞めて、また再開というのも手軽にでるのでそれほど心配はいりません。

無料体験を試して、子供の反応を見てみるのも良いと思います。

玩具や情報に関して、紙媒体での提供が多いというのがあります。 子供なので、扱いが乱暴なため壊れやすいです。紙媒体なので、修復・補修作業は楽なのですが、数が多くなってくると追いつかないこともあります。
ボロボロになっている玩具を見ながら、いっぱい遊んでくれているのだなぁと微笑ましく思いながら、せっせと修復します。

幼児教育こどもちゃれんじコンサート

ベネッセでは、夏季と冬季のクリスマス時期に、ベネッセこどもちゃれんじコンサートを開催しています。そのコンサートでは、間近で大好きな しまじろう やその仲間たちが見られることもあって大人気のコンサートです。

子供たちは大興奮!のはずでしたが・・・どうやらうちの子にとっては怖かったようで大泣きでした。
あぁそういうこともあるのかぁ。。。親の思いが完全に裏目に出た瞬間です。
このコンサートの事件を機に、しばらく着ぐるみ系のキャラクターにおびえる我が子。

もちろん、大喜びで楽しんでいる子供の方が圧倒的に多いのでご安心ください。ちなみに、我が家の上の子はダメでしたけど、下の子は大喜びだったので相性ですかね。

コンサート自体は、観客参加型のコンサートなので会場の一体感もあってとても楽しく盛り上がるコンサートです。

下の子がまた小さいから・・・とか、泣きだしたらどうしよう・・・とか気にする必要ありません。小さな子供の泣き声が気にならないくらい大盛り上がりです。
また同じような苦労を経てきている親ばかりなので、子供の叫び声や鳴き声には皆さん寛大です。 安心して楽しみましょう!

幼児教育こどもちゃれんじまとめ

ベネッセのこどもちゃれんじを継続して続けてみると、幼稚園の年中さんくらいまでの年齢までは良い感じに進められましたが、年長さんくらいになると紙媒体の玩具や情報への扱いに限界が・・・。扱いが荒いので、修復が追いつかなくなることも。

ただ、子供は毎回楽しみに待っています。こどもちゃれんじの袋が郵便受けに入っていると、テンションマックスです。そんな楽しみにしている姿を見ると、やっぱりかわいいですね。

無料体験もあるので、気になる方は是非試してみてください。

関連記事
幼児英語教育の教材 – 進研ゼミ・こどもちゃれんじEnglish –

Sponsored Links