ヤマハ英語教室 -レッスンの様子-

2019-08-07

ヤマハ英語教室のレッスンの大きな特徴は、何度も説明していますがやはり『音』と『リズム』によるレッスンスタイルでしょう。ヤマハ音楽スクールがあるため、音楽や歌に関してはオリジナリティがあり、ヤマハ独自のスタイルが確立されています。

英語という言語を発音という音だけで学ぶのではなく、メロディーやリズムを使って学ぶスタイルがとても新鮮で特徴的なレッスン内容となっています。

レッスンの様子と英語耳

音とリズムで英語を学ぶ

英語の学習方法に、『音』と『リズム』を加えることで、子供にとって英語を学ぶという作業がとても簡単になっているように感じます。音楽を聴いて体を動かす機会が多い幼少期には、ヤマハの学習方法はとても効果的です。日常のふとした瞬間に英単語を口ずさんだり、レッスンで利用する学習用のCDを家庭内で流すと、遊びの中でも自然と口から英語があふれ出します。無意識に、音に反応して英語が出てくる状態は、ヤマハに入れて良かったと感じた瞬間でした。

確実に育てる英語耳

英語耳という言葉をご存知でしょうか。英語耳とは、日本語にはない『音』を聞き分ける耳のことです。参考までに英語と日本語の音の種類を上げてみますが、音の出し方はちょっと置いておいて、音の数の違いに注目ください。

英語の音素一覧(20母音+24子音=44音素)
/iː/, /ɪ/, /e/, /æ/, /ʌ/, /ɑː/, /ɒ/, /ɔː/, /ʊ/, /uː/, /ɜː/, /ə/, /eɪ/, /aɪ/, /ɔɪ/, /əʊ/, /aʊ, ɑʊ/, /ɪə/, /eə/, /ʊə/; /p/, /b/, /t/, /d/, /k/, /g/, /ʧ/, /ʤ/, /f/, /v/, /θ/, /ð/, /s/, /z/, /ʃ/, /ʒ/, /h/, /m/, /n/, /ŋ/, /l/, /r/, /w/, /j/

日本語の音素一覧(5母音+16子音+3特殊音素=24音素)
/a/, /i/, /u/, /e/, /o/; /j/, /w/; /k/, /s/, /c/, /t/, /n/, /h/, /m/, /r/, /g/, /ŋ/, /z/, /d/, /b/, /p/; /N/, /T/, /R/

英語では、単語と単語を続けて発音するときの『脱落音』や、音が繋がる『連結音』があることがとても特徴的です。これを、『リエゾン』と言います。このリエゾンを正確に聞き取ることが、英語上達のカギとなります。

次に、いくつかの英会話・英語教室を見てきた中で『ヤマハ英語教室』をおすすめする理由をお話しします。
>>ヤマハ英語教室 -おすすめ理由-

関連記事
>>ヤマハ英語教室 -未就園児コース-
>>ヤマハ英語教室 -小学生コース-
>>ヤマハ英語教室 -まとめ-

Sponsored Links