英会話スクールAEON -授業初日-

2020-11-21

AEON初日の様子

英会話スクールAEONの体験レッスンが終わり、いよいよ通常のレッスンがスタートします。

カウンセラーや先生からの話では、授業開始時期には「予習」よりも「復習」をしっかりと行うことが重要であると指導されます。

授業の終わりに、先生から当日の授業内容のポイントを説明されるため、そのポイントを親がしっかりと理解し次の授業まで復習を行います。

家庭内学習がとても重要ということになりますね。

どんな習い事も同じですが、子供との二人三脚です。

これを機に、親も英語を少し勉強しようかなと考えたのは、私だけではないと思います。

1週間の英会話の学びのサイクルは、「レッスン」⇒「復習(自宅)」⇒「予習(自宅)※可能なら」という学びのサイクルが基本サイクルとなります。

自宅での学習量が重要となってくるので、ここは親の頑張りどころとなるでしょう。

レッスン準備

1回の授業時間は、50分の授業時間となります。

授業で使うテキストブック(教科書)の進むスピードは、おおよそ4ページから5ページ程度のスピードで授業が進みます。

レッスンの準備範囲としては、復習と予習になります。

家庭内での復習では、レッスン内で利用する音源を再生し、授業の振り返りと次回授業の予習をすることを定期的に繰り返します。

復習の中で重要となるのが「単語」の練習です。

各ユニット内の設問の中に、どの音源の番号を再生する必要があるのかが記載されています。

その番号の音源を再生することで、各設問に必要となる内容が再生されます。

授業でも同じ音源を利用しているため、疑似的な授業が家庭内でも再現できるのはとても良いと感じました。

単語は、繰り返し音源を「耳から入れて」それを「声に出す」ということを行います。

自分の声で発音できない音は、正しき聞き取りができないのが英語の特徴です。

フォニクスも同様にこのタイミグで、繰り返し行います。

やはり「基礎」がとても重要ということになります。

フォニクスに関しては、別の機会にお伝えしたいと思います。

初回レッスンの感想

初回のレッスンの子供の感想は、「とても楽しかった!」ようです。

実は、今回の通常レッスン開始前のプレ授業で教えていただいていた先生とは、別の先生が担当されことになっていたので少し心配していたのですが、問題なくてほっとしました。

新しく担当となった先生は、幼少期に先生自身もAEONに通塾されていたとのこと。

その頃の経験を活かしつつ、子供たちが楽しく学べる環境やポイントを熟知しているようでした。

実際、授業中に漏れ聞こえてくる子供たちの声は、とても盛り上がっており「楽しい授業」であることが外にいても感じ取れるくらいでした。

レッスン後の大切な復習

先にも記載しましたが、レッスンが終わった後は「自宅での復習」です。

授業で使った音源と同じものを利用しての復習となります。

レッスンで使っているテキストブック(教科書)で復習すると共に、宿題としてワークブック(問題集)が別途用意されています。

ワークブックを行うことで、授業内容の定着をさらに確実なものにしていきます。

ワークブックに関しては、回答やポイントが書かれたものが親用に用意されているので教える親も安心ですね。

英語の学習は、とことん耳から音を入れて自分の声で発音するということを繰り返していくことが大切なのだと感じています。

まずは英語耳の育成ですね。

関連記事
>>英会話スクールAEON -授業参観-
>>英会話スクールAEON -レビュー①-
>>英会話スクールAEON -レビュー②-
>>英会話スクールAEON -オンラインレッスン(Zoom)-