英会話スクールの授業参観詳細レビュー – AEON(イーオン) –

2019-06-01

英会話スクールAEON授業参観体験レビュー

英会話スクールAEONでは、年に2回春と秋に授業参観があります。今回春の授業参観があったので、参加してきました。普段の授業の詳細な内容が分かったので、レビューします。

因みに、我が子は低学年クラスなので、小学校1年生と2年生のクラスです。

宿題チェック!テキストブックの確認

授業開始とともに、元気な挨拶!子供たちはテンションMAXです。

先生は、出欠確認のためのシールブックを使って、子供たち自身で出欠確認をさせます。

続いて、テキストブックを開かせて、一人ひとりチェックしながら回ります。 クラスの人数は5人から6人程度ですが、一人ひとり丁寧にテキストブックのチェックです。
チェックと同時に、次回の宿題部分もしっかりとレクチャーしてくれます。

単語の学習とフォニクス

レッスン内容では、今回のワークブック内で使う単語を一つ一つ繰り返し復唱します。この時に、フォニクスを意識した発音のレクチャーと、単語と音を結びつける指導方法です。

ワークブックの中の絵や写真を見て、数を英語でカウントしてみたり、これは何?と質問してみたりと、子供たちも積極的に授業に参加するのでとても賑やかな授業内容です。

質問してもわからない時は、先生がヒントを小出しにしていきます。答えを教えてもらうのではなく、ヒントはあるものの最後は自分で答えを出すので、達成感があるのだろうなと感じました。

学びと遊び ゲーム形式で学ぶ

続いて、ゲーム形式での英語の学習です。この時間は、子供たちは一番楽しみにしている感じでした。内容は、2チームに分かれて、ワークブックの中で使っている単語を、せ~のっ!で声に出して、じゃんけんをするチーム戦。

じゃんけんで勝ち抜く数は、その日ワークブック内の単語の数なので、じゃんけんゲームをしながら、その日学ぶべき単語をすべて発音することができます。
体を動かすことで、無意識に単語を印象付けられるのだろうなと思いました。

あっという間に50分終了です。とても賑やかで、楽しく英会話を学んでいるといった雰囲気を感じました。

期待以上の授業参観でした。

関連記事
英会話スクールの転校を考えた体験レビュー① – AEON(イーオン) –
英会話スクールの転校を考えた体験レビュー② – AEON(イーオン) –
英会話スクールAEON初日の授業 – AEON(イーオン) –

Sponsored Links